Blog

タイル調サイディング復活!?

ここ15年くらいの間に、それまで一般的だったモルタル壁に変わってサイディング壁が多くなってきました。

発売当初は横目地だけのものが主流でしたが、その後

●タイル調
●レンガ調
●石目調
●コンクリート打放し調
●塗り壁調
●木目調

までありとあらゆる種類のサイディングが登場しています。

例外もありますが、ほとんどのサイディング壁は、塗装(塗り替え)が必要です。

そこで問題になってくるのが、今 ちょうど塗り替え時期( 築10-15年)
になってきているタイル調サイディングの塗装方法です。

このサイディングは目地色とタイル(調)色とが2色に塗り分けられているタイプで、そのまま1色に塗ってしまうと(お選びになる色調にもよりますが)
塗り絵のような、のっぺりとした印象になってしまうことがあります。

そこでご提案したいのが、サイディング目地塗り分け塗装です。

これだけではイメージがわかないと思いますので、以前わたしが手掛けた物件を例にとってご説明しましょう。

 

塗装前の様子です。

経年劣化により色やツヤが飛び、元のイメージ が分からなくなっていたので、
今回思い切ってイメチェンすることをご提案しました。

お客様はちょうどそのサイディング壁の前にある花壇でバラを育てておられたので、そこをバラの似合う英国風の壁になるように、目地色を白セメント風に、タイルを赤レンガ風にしてみましょうということになりました。

 

まずは目地色となる白を全体にムラなく塗装します。

 

ここから本番です。

 

度は目地色にレンガ色をつけないように慎重にタイル部分にだけ塗装します。
それまで白一色でのっぺりしていた壁が、これで一気に立体感がでてきました。

 

ローラーで塗装できない部分は、ハケを使って塗装します。

 

塗料がはみ出した部分まで細部も丁寧に手直しし、ようやく完成です。

 

完成を見たお客様も喜んで下さいました。

 

私も納得ゆく仕事をさせていただけたと感謝しています。

玄関横のBefore

 

After

 

 

 

 

 

 

 

 

Share

Category

Archive

Recent posts